蟹ごとにおススメの食べ方があります。こちらで種類をご確認下さい

蟹みそが一番おいしい、蟹甲羅酒におススメなのは毛ガニです

 蟹にも様々な種類があり、種類ごとに産地や食べ方も違います。こちらのコーナーでは一通り全ての種類をご紹介していますが、販売されているものの中心はズワイ、タラバ、毛ガニが中心となります。その中でも蟹みそが美味しく、蟹甲羅酒に最も適しているのは毛ガニです。

 

蟹の種類ごとの違い記事一覧

成長するのに時間がかかっています カニは色々な種類がありますので、なかなか見分けがつかないと思いますが、毛蟹は全身がビッシリと短く硬い毛で覆われているので、見た目で簡単に見分けることが出来るはずです。色は少し黒味がかった赤褐色で、甲羅はやや縦長の四角形なのが特徴的です。皆さんは毛蟹を食べる時、あまりにもおいしくて一瞬で食べ終わってしまうと思うんですが、実は毛蟹は成長するのにとても長い時間がかかって...
呼び方がいろいろあります まっすぐで細い足が木の枝を意味する楚(すわえ)に似ている事が由来した「楚蟹(すわえがに)」が、いつの間にか「ズワイガニ」と呼ばれるようになりました。ズワイガニの産地として昔から有名なスペースが、石川県・福井県・鳥取県に面している日本海側です。一般的にはズワイガニと呼ばれていますが、水揚げ(船の荷物を陸にあげることや漁業の漁獲量、もしくは、漁獲することを指します)される地方...
タラの漁場と同じ海で獲れる蟹 名前の由来が北海道(とても広いので、短期間では回りきれないでしょう)のタラの漁場と同じ海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)域で多くとられることから命名されたカニだろう「タラバガニ」。漢字で表記するとその由来の通り、「鱈場蟹」と表記されます。最大の特徴はその大きさ タラバガニの特徴としては、甲羅の幅が25cmに対して脚を全部広げると全長1m50...
越前ガニは福井県産のズワイガニの雄 みなさん、「越前ガニ(福井県で獲れるズワイガニをブランド化した名称です)」という名前は聞いたことがあるでしょうが、「越前ガニ」は福井県で水揚げされたズワイガニの雄のみのことを「越前ガニ(福井県で獲れるズワイガニをブランド化した名称です)」と呼んでいることを知っていましたか?雄は「越前ガニ」、雌は「せいこがに」と呼ばれています。既に越前ガニは福井県の魚にも指定され...
ハナサキガニの名前の由来と生息地 ヤドカリ下目・タラバガニ科に分類されるタラバガニの仲間である花咲蟹。別名「コンブガニ」とも言われているのですが、これは昆布が生えている海域に多く生息していることからこのような別名になったといわれているんですね。花咲蟹の名前の由来は、北海道(雄大な自然と魚介類、農作物など、グルメも楽しむことができます)の根室にある「ハナサキ」でよく獲れることから、このような名前にな...
松葉ガニは山陰地方でのズワイガニ雄の呼び方です 皆さんは「ズワイガニ」という名前をきいたことはあると思いますが、「松葉ガニ」という名前は聞いたことありますか?「松葉ガニ」とは成長したズワイガニの雄で、しかも山陰地方で獲れたカニのみを指していいます。ちなみに、北陸地方ですと呼び名がかわり、「越前ガニ」と呼ばれているみたいです。主に鳥取沖や境港・網代港で水揚げ(どこの港で水揚げするかで、産地が決まりま...

このページの先頭へ戻る