蟹のゆで方のコツ

素人には大変難しい。でもできないことではありません

 たかが蟹を茹でるだけじゃないか、と思ったあなたは大間違いです。蟹のゆで方には微妙がコツがあり、1つ間違えると味を損ねてしまいますので注意が必要です。カニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)は素人が茹でるのは大変難しく、味を損ねてしまうことが多いと言えるでしょう。しかし、素人には出来ないということではないのです。正しい茹で方をすれば美味しくカニを食べることができます。

 

道具と塩加減が重要

 コツとしては、まずはカニがスッポリ入る大きな鍋を用意しなければならないということでしょう。また、茹でる時の塩加減が大変重要です。そして、この塩加減はカニの種類によって使い分けなければなりません。

タラバガニ・ズワイガニ・松葉ガニ・花咲ガニなどは、水の1.5〜2パーセントの塩
毛ガニは水の3.5〜4%の塩

 

茹で方は順番と向きを間違えないで!

 それから、蟹を茹でる際には、どんなカニの場合でも必ずお湯が沸騰してから甲羅(体を守るために付いている硬い部分です。カニやエビ、カメなどの他、クモにもあるそうです)を下にして(お腹が上に向くように)鍋に入れるのがポイントなのです。

 

 

訳あり商品の落とし穴!

 最後に重要なポイントは、足などに欠けがあるとその部分から旨味成分が流れだしてしまうので、訳ありで足が1本欠けているようなカニは避けた方が良いでしょう。もちろん、足の何本かを刺身やしゃぶしゃぶにするために折ってしまうのも避けてください。そのような場合は、別途刺身用やしゃぶしゃぶ用として購入することをお勧めします。つまり、タラバガニのように足だけで売られているようなカニを自宅でボイルするのは味を損ねるだけですから、焼きガニなどの別の食べ方がいいかもしれません。

 

 

大切なこと

どの程度のカニの場合でも、自宅でボイルして食べる場合には、
1匹丸ごとのカニを購入してボイルするのが一番大きなポイントです。

 

 

おススメの蟹通販のお店です。
口コミ評判がよくリピーターの多いお店を基準に選びました。

 

 蟹甲羅酒を試してみたい方はこちらの毛ガニをお求め下さい。こちらのお店は稚内港近くにありカニの卸問屋をしています。お客さまの満足度を第一に考えたショップ運営に取り組み、沢山のリピーターがいるのが最大の特徴。毛ガニコーナーの右側ランキングコーナーにある商品がおススメです! こちら ⇒ 蟹おやじのこだわり!最果て稚内直送!
 蟹を中心に生うにや本ししゃも、特上生ラム肉など幅広い商品を取り扱っています。数量限定で様々な極上素材が発売されますので、常にチェックしたいお店です。釧路で40年の歴史を持つ老舗ですから安心してお求めいただけます! こちらから ⇒ 極上!!北海道の旬の魚介類はこちらから
かに  上沼恵美子のおしゃべりクッキングでも紹介された優良店。培ってきた信頼は群を抜くレベルです。贈り物としての対応も万全。のし設定やメッセージカードも同封できます。お客様の声を常に聞き、日々改善を重ねているお店です。クレジットカードの入力が不安な方のために、キャリア決済を導入するなど、お客様の声を大切にしている、買って気持ちの良いお店です。 こちら ⇒ クレジットカード入力不要のキャリア決済導入しました。かにまみれはこちら!

 

 

 

 

蟹をゆでる際の塩加減は以外に重要です関連ページ

さばき方のコツ
蟹の捌き方のコツは、まず怪我をしないこと。結構怪我の要因がありますから細心の注意を払って扱いましよう。まな板から包丁まで、いつもとは少し違う気分で用意して扱って下さい。
食べ方と調理法
ボイルはできるならプロに頼んだ方がいいでしょう。蟹みその美味しい毛ガニは特にその方が美味しく食べられます。何でもオッケーという方は刺身もいいですね。
出汁の取り方
蟹の楽しみ方は無限大。その中のひとつに出汁の美味しさがあります。ワタリガニなら簡単ですが、ズワイガニの場合はどうしましょう?こちらのコーナーで解説しています。
カロリーと栄養
家族に糖尿病の人がいる場合、蟹は控えた方がいいのでしょうか?蟹のカロリーと栄養についてお答えします。
店舗での見極め
美味しい蟹を選ぶには、季節や種類ごとの基本的なポイントを抑えることが1つ。あとは自分で実際に触ってみて確かめる事です。見極めるポイントをこちらでご紹介します。

このページの先頭へ戻る