ズワイガニは北陸地方が有名な産地です

呼び方がいろいろあります

 まっすぐで細い足が木の枝を意味する楚(すわえ)に似ている事が由来した「楚蟹(すわえがに)」が、いつの間にか「ズワイガニ」と呼ばれるようになりました。ズワイガニの産地として昔から有名なスペースが、石川県・福井県・鳥取県に面している日本海側です。一般的にはズワイガニと呼ばれていますが、水揚げ(船の荷物を陸にあげることや漁業の漁獲量、もしくは、漁獲することを指します)される地方によって呼称が違います。例えば、福井県で水揚げされたカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)は「越前ガニ」、石川県で水揚げされたカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)は「加納ガニ」、山陰地方で水揚げされたカニは「松葉ガニ」など、それぞれ地域によってこんなに呼称に差があるのです。

 

甲羅で脱皮回数がわかる

 さらに細かく説明しますと、ズワイガニとは雄のことで、雌は「コウバコガニ」や「セイコガニ」等と呼ばれています。ズワイガニは成長過程で何度も脱皮を繰り返すのですが、脱皮の回数が多ければ多いほど、身の詰まった美味しいカニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)であることが知られているのです。では、どのようにして多く脱皮をしているかどうか確認するんでしょうか?まずは、甲羅に注目してみて下さい。甲羅部分に黒い斑点が多くある物は身入りがいいと考えられているのです。

 

ズワイガニの味の特徴

 ズワイガニは甘みの強いアミノ酸であるグリシンやアルギニンがたくさん入っているので、カニ独特の甘みが強く上品で淡白な味になるのです。最近では、お取り寄せで年中ズワイガニを食べることが可能になっていますが、一度茹でた物を冷凍したズワイガニをお取り寄せした場合は再度茹でたりするのではなく、自然解凍して食べる食べ方がおすすめです。

 

 

ズワイガニを通販で取り寄せて食べてみよう!

 

 

ズワイガニ通販ランキング!

 

 蟹甲羅酒を試してみたい方はこちらの毛ガニをお求め下さい。こちらのお店は稚内港近くにありカニの卸問屋をしています。お客さまの満足度を第一に考えたショップ運営に取り組み、沢山のリピーターがいるのが最大の特徴。毛ガニコーナーの右側ランキングコーナーにある商品がおススメです! こちら ⇒ 蟹おやじのこだわり!最果て稚内直送!
 蟹を中心に生うにや本ししゃも、特上生ラム肉など幅広い商品を取り扱っています。数量限定で様々な極上素材が発売されますので、常にチェックしたいお店です。釧路で40年の歴史を持つ老舗ですから安心してお求めいただけます! こちらから ⇒ 極上!!北海道の旬の魚介類はこちらから
かに  上沼恵美子のおしゃべりクッキングでも紹介された優良店。培ってきた信頼は群を抜くレベルです。贈り物としての対応も万全。のし設定やメッセージカードも同封できます。お客様の声を常に聞き、日々改善を重ねているお店です。クレジットカードの入力が不安な方のために、キャリア決済を導入するなど、お客様の声を大切にしている、買って気持ちの良いお店です。 こちら ⇒ クレジットカード入力不要のキャリア決済導入しました。かにまみれはこちら!

 

 

 

ズワイガニは日本海側が有名です関連ページ

毛ガニ
毛ガニは全身が毛でビッシリと覆われていますので、誰にでも簡単に見分ける事ができます。毛ガニは蟹味噌が美味しいので、蟹甲羅酒を楽しむなら毛ガニがおすすめです。
タラバガニ
タラバガニは北海道をはじめ、オホーツク海やアラスカ沿岸で獲れます。身の大きさが大きければ大きいほど甘みが増して美味しいと言われています。
越前ガニ
越前ガニとは、北陸は福井県で水揚げされたズワイガニの雄(オス)のみを指して言います。オスが越前ガニなのに対して、メスは「せいこがに」と呼ばれます。
ハナサキガニ
ヤドカリ下目・タラバガニ科に分類されるタラバガニの仲間である花咲蟹。別名「コンブガニ」とも言われているのですが、これは昆布が生えている海域に多く生息していることからこのような別名になったといわれています。
松葉ガニ
成長したズワイガニの雄で、山陰地方で獲れた蟹を松葉ガニと言っています。毎年11月の上旬あたりに解禁となりますので、ネットのお店をチェックしてみては?

このページの先頭へ戻る