お店で店頭販売されている蟹を見極めるには?

 蟹 憧れの高級食材だからこそ…

 一般庶民にとって、やはりカニは高級食材であり、頻繁に購入出来るものではありませんよね。また、日常の食卓にカニが上がることは珍しいでしょうし、いずれかと言えば家族や友人が集まる年末年始やパーティー(セレブな人達の間では、特に目的のない単なる飲み会のことをパーティーと呼ぶこともあるのだとか)なんかで購入を考える人がたくさんいるのではないでしょうか。だからこそ、購入時には失敗したくない食材の一つです。最近は、ネット通販で産地直送のものや訳ありのものを購入する人も増加傾向にありますが、自分の目で商品を確かめて購入したいという人も多いかもしれません。

 

買う季節を考える

 では、店舗(たくさんの商品の中から、好きなものを選んで買うというのが買い物の楽しさでもありますが、最近では通えるところにお店がない買い物難民も増えているそうです)でカニを購入する時、はずれを選ばないようにするには何を基準に選べばよいのでしょう?まず、季節外れは特に身の少ないカニが出ていることも多いので、できるだけ冬に買うのがベストです。

 

蟹はどこを見ればいいのか

 それから、実際に持って重さや硬さを確かめることも重要ですね。当然の事ながら、より重いものを選ぶのがコツになりますし、甲羅は硬いものを選ばなければなりません。甲羅(脱皮直後は柔らかいので、外敵に食べられやすくなってしまいます)が柔らかいのは脱皮して間もない証拠ですから、脱皮に(新しい甲羅を作るのに)栄養分を使い果たしてしまい、身がスカスカのものが多いです。

 

毛ガニ

 それに、毛ガニ(カニの一種で、別名を大栗蟹・おおくりがにといいます)など蟹味噌を堪能できるカニだったら、生きているものを除いてはお腹を上に向けて展示しているものを選んでください。そうでないと、蟹味噌が崩れて流れてしまうからです。

 

ズワイガニ

 ズワイガニの場合には、お腹の色が白くなく濃い色のものが身が詰まっています。茹でガニの場合は、触ってぬめっていたり黒ずんでいるものは時間が経っているため、ぬめりや黒ずみのないカニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)を選びましょう。

 

 

店頭よりも確実に美味しい蟹が買える!こだわりオヤジの店。

 


北のさいはて稚内から あなたのご自宅へ直送!


リピーターが一番多い 北海道カニ通販のお店はここ!


↓ ↓ CLICK ↓ ↓


かに吉 北海道かに問屋の熟練職人が作るカニを直送


 

 

 

 

お店に売っている蟹を見極める方法!これであなたも蟹通デビュー!関連ページ

さばき方のコツ
蟹の捌き方のコツは、まず怪我をしないこと。結構怪我の要因がありますから細心の注意を払って扱いましよう。まな板から包丁まで、いつもとは少し違う気分で用意して扱って下さい。
ゆで方のコツ
蟹には基本的な茹で方があり、そして蟹ごとに塩加減に違いがあります。また、ゆでたまごのように水から茹でるのではなく、沸騰してから茹でるのが基本です。こちらで詳しく解説しましょう。
食べ方と調理法
ボイルはできるならプロに頼んだ方がいいでしょう。蟹みその美味しい毛ガニは特にその方が美味しく食べられます。何でもオッケーという方は刺身もいいですね。
出汁の取り方
蟹の楽しみ方は無限大。その中のひとつに出汁の美味しさがあります。ワタリガニなら簡単ですが、ズワイガニの場合はどうしましょう?こちらのコーナーで解説しています。
カロリーと栄養
家族に糖尿病の人がいる場合、蟹は控えた方がいいのでしょうか?蟹のカロリーと栄養についてお答えします。

このページの先頭へ戻る