身をぷりっと取り出すためには ちょっとしたコツがあります

キッチンバサミと軍手を用意しましょう。特に毛ガニは注意して下さい

 カニ(お歳暮などで贈る際には、信頼できるショップに依頼することが大切ですね)は、美味しいけれど食べるのがちょっと大変ですね。でも、カニの食べ方にはコツがあるのではないでしょうか。このコツさえマスターしてしまえば、気軽に食べることができます。ここでは、タラバガニの食べ方をご紹介します。まず、キッチンバサミと軍手を用意しましょう。軍手は、カニの硬甲羅やトゲ、毛などでけがをしないためです。

 

さばき方

準備ができたら、以下の順番でカニをさばいていきます。

1.カニを裏返し、ふんどしを取り、腹の中央にハサミを入れる。
2.腹を割ったら、脚を持って腹と甲羅を分離させる。
3.ハサミで脚を付け根から切り離す。
4.脚の関節にハサミを入れて、すべて切り離す。
5.筒状になっている脚の裏側、白い部分に2本ほど筋が入るように切り目を入れる。
6.胴体の両側についているヒダ状のエラはガニといい、食べないところなのでハサミで取り除く。これで終了。

 

脚を扱う際のポイント(ちょっと重要)

 カニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)の脚に切り目をいれるときのポイントは、殻だけに切り目を入れること。身や筋まで一緒に切ってしまうと、上手く身が抜けなくなるので注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)しましょう。一方、市販されているカニの脚は、表面の殻が削ってあり、身が見えるものが多いですが、これは食べやすくしてありますので。ゆでたり焼いたりしたあと、わざわざ殻を取らなくても、節を折ると筋がすっと抜けて簡単に食べることができます。こういうカニを上手くむしるコツがわかれば、もっとカニの味を楽しめるかもしれませんね。

 

 

おいしいカニはここで! リピータの多い信頼のお店ランキング!

 

 蟹甲羅酒を試してみたい方はこちらの毛ガニをお求め下さい。こちらのお店は稚内港近くにありカニの卸問屋をしています。お客さまの満足度を第一に考えたショップ運営に取り組み、沢山のリピーターがいるのが最大の特徴。毛ガニコーナーの右側ランキングコーナーにある商品がおススメです! こちら ⇒ 蟹おやじのこだわり!最果て稚内直送!
 蟹を中心に生うにや本ししゃも、特上生ラム肉など幅広い商品を取り扱っています。数量限定で様々な極上素材が発売されますので、常にチェックしたいお店です。釧路で40年の歴史を持つ老舗ですから安心してお求めいただけます! こちらから ⇒ 極上!!北海道の旬の魚介類はこちらから
かに  上沼恵美子のおしゃべりクッキングでも紹介された優良店。培ってきた信頼は群を抜くレベルです。贈り物としての対応も万全。のし設定やメッセージカードも同封できます。お客様の声を常に聞き、日々改善を重ねているお店です。クレジットカードの入力が不安な方のために、キャリア決済を導入するなど、お客様の声を大切にしている、買って気持ちの良いお店です。 こちら ⇒ クレジットカード入力不要のキャリア決済導入しました。かにまみれはこちら!

 

 

 

 

 

カニは食べるのが面倒?コツをマスターすれば簡単です!関連ページ

どこで買うといいの?
蟹は様々な所で販売されていますが、結局はどこで買うのが一番いいのでしょうか?安心して蟹を買える方法をご紹介します。
外さない選び方!
カニを買ったけど、おいしくなかったり、身が少ししか入っていなかったりしたら、ガッカリしてしまいますね。決して安いとはいえないカニ(お取り寄せするなら、むき身になっているものの方が食べ応えがあるでしょう)、しっかり吟味して良いカニを選んで下さい。
有名な地域はどこ?
カニで有名なところは北海道(とても広いので、短期間では回りきれないでしょう)だけではないのです。北陸もカニでは有名である地域です。特に有名なところとしては、敦賀、越前海岸、芦原・東尋坊・三国温泉、加賀温泉郷などが挙げられます。ブランドガニを持つ地域もあり、越前ガニの福井県や加能ガニの石川県和倉温泉が有名です。
おいしい時期はいつ?
せっかく蟹を買うのなら、自分好みの蟹を買いたいものですね。外さない蟹の買い方からむしるコツ、食べ方のコツまで蟹の全てをご紹介します。
食べ方いろいろ
冷凍してあるカニを手に入れた場合は、自然解凍してから食べますが、この解凍の仕方が大事。食べる分だけをクッキングペーパーなどに包み、さらにビニール袋に入れ、冷蔵庫でゆっくり解凍します。冬なら部屋の日の当たらないところに置いてもOK。完全に解凍するより、いくぶんシャリシャリ感が残っている8分目程度に解凍するのが秘訣。

このページの先頭へ戻る